スポンサーサイト

2018.12.06 Thursday

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    最近の個人情報について

    2007.12.06 Thursday

    0


      探偵を長年やっているのですが、最近は個人情報の関係で、色々な調査がやりにくくなってきました。
      最近請求方法が変更された、登録事項証明書等は普通自動車ナンバーから、使用者の氏名や住所を判明する事ができたのですが、ナンバーと車両の車体番号下7桁が必要になりました。車体番号はナンバーのように外から見えているものではないので、誰でも確認する事ができませんから・・・。

      近年、登録証明を悪用して、自動車の窃盗や恐喝等の犯罪を行ったり、ダイレクトメール等に使われるケースが増えています。これは、現在の登録証明が、自動車登録番号だけで請求できることを悪用したものです。
      このため、個人情報保護対策を一層強化する観点から、登録事項等証明書の交付にあたっては、自動車登録番号及び車台番号を求めることとしました。


      平成18年5月に公布されました改正道路運送車両法の施行により、平成19年11月から登録事項等証明書を請求される際の請求方法が変わりました。
      以下が概要です。


      1.請求の際に明らかにしていただく事項(交付請求書に記載してください。)

      (1) 請求の事由 

      何のために必要なのかを具体的に記入して下さい。
      不当な目的の場合、交付できません。

      (2) 請求者の氏名及び住所

      請求に来られた方の個人の氏名、住所を記載して下さい。
      請求書に記載された氏名及び住所と同一の氏名及び住所が
        記載された運転免許証等の提示が必要です。(下記2参照)

      (3) 自動車登録番号及び車台番号

      『自動車登録番号』だけでは請求できません。
        『自動車登録番号』と『車台番号の下7桁』の記載が必要です。
      『車台番号』だけでの請求はできますが、全桁の記入が必要です。

      ※例外:『自動車登録番号』だけで請求できる場合
       私有地における放置車両の所有者・使用者を確認する場合
       ○車両が放置されている場所
       ○見取り図
       ○放置期間
       ○放置車両の写真
       を明確にして請求して下さい。


      請求方法が変更されて、調査はやりにくくなりましたが、この件に関しては大変良いことだと思います。






       

      山口県の真面目な探偵です。

      2007.12.05 Wednesday

      0

        はじめまして、私は、山口県で探偵を職業として活動してる探偵歴13年です。探偵に関係のある事柄などを主にブログとして書いていきたいと思いますのでみなさま、よろしく閲覧お願い致します。




                  

        調査依頼ならフォーチュン山口